美白

シミとそばかすの違いって知ってる!?同じケアでいいの!?

nayami

女性を悩ませるお肌の悩みといえば、シミやそばかすなんかがありますね。

どちらもお肌、特に顔に表れると非常に困らされる代物です。

この、シミやそばかすとひとくくりで言っていますがこの二つの違いってそもそもなんなのかわかりますか?

「ケア方法は同じでいいのかしら?」

なんて疑問もふとわいてきます。

ということでシミとそばかすの違いや種類、ケア方法なんかをまとめてみました。

シミとそばかすの違いってなぁに?

シミもそばかすもいわゆる黒ずみなのですが、この二つ発生する理由がちょっと違います。

それでは・・・

シミとは

シミとは生活をしていく上で浴びた紫外線や、刺激による炎症、ニキビ跡の炎症などといった肌ダメージや肌年齢を重ねることによって発生するものです。

シミはこれらが原因となり皮膚内部のメラノサイトという組織が刺激され、皮膚を守るために「メラニンを発生してお肌を守りなさい」という指令(?)によりメラニンが発生します。

このメラニンが肌に沈着することによりその部位が黒くなります。

これがシミとなる主な原因といえます。

そばかすとは

一方のそばかすはというと、遺伝的要素が高く幼少期から頬を中心に発生します。

特徴としてはシミは年齢を重ねると濃くなっていきますが、そばかすは年齢を重ねると薄くなることがあります。

しかし、紫外線による刺激には弱いため濃くなってしまいます。

シミには種類があるんです

一言でシミといっても実は種類があります。

老人性色素斑

スゴイ名前ですがこれが一般的に私たちが知っている紫外線や肌ダメージによるシミです。

頬周りに特に発生しやすいシミです。

肝斑

30代から40代になると現れる頬骨や鼻の下、額に左右対称にでる濃淡の均一なシミのことです。主な原因は女性ホルモンによるものだといわれています。

そばかす

先天性の遺伝によるシミ。幼少期から発生し、年齢とともに薄くなります

 

 

他にもまだありますがシミには種類があるんですね。

ところでお気づきでしょうか?

シミの種類の中にそばかすがありますね。

そうです。

そばかすもシミの一種なんですね。

ということは、お分かりですね。

シミをケアするということはそばかすをケアするということでもあるわけなんです。

つまり、シミもそばかすも同じケアで消すことができるというワケなんですね。

シミもそばかすもどうにかしてキレイにしたいんです!!

前述したようにシミ・そばかすの主なる原因はメラニンによる黒ずみです。

簡単にケアする方法としては美白効果の高いといわれている成分を含んだ美白化粧品を使い続けることです。

ココでポイントになるのは、美白化粧品を使い続けることです。

メラニンによる黒ずみは正常なターンオーバーを引き起こすことによって徐々にキレイになっていくものなんです。

そのため、数ヶ月は続けてあげる必要があるということなんですね。

数日や数週間使っただけではなかなか綺麗にはなりません。

根気の良いケアをしてあげることが肝心なんですね。

とはいえ、通常の美白化粧品はどうしてもその効果に?がついてしまうことがありますよね。

そこで、シミやそばかすのための専用化粧品を使ってあげることもひとつの手ですね。

 

最近人気なのがKOSE米肌とかはいかがでしょうか?

まさにシミ・そばかすのための化粧品ですからピッタリかもしれませんよ

まずはトライアルからどうぞ⇒シミ・そばかすを防ぐ!KOSE米肌<澄肌美白お試しセット>

美白トライアルセット